美容について

7食事が不規則だと、お肌の老化を促進し、乾燥しやすい肌質になり、美容には食事と健康が大切です。健康的な素肌のために必要な栄養素は、ビタミンC、ビタミンビタミンE、ビタミンAです。糖質と脂質はシルエットをぼやけさせ、タンパク質は体にシャープなハリを持たせてくれます。

就寝中にどれだけ食べ物が胃に残っているかが、美容と健康に大きく影響するので、20時までに夜ご飯を済ませるのが理想的です。夜遅くにしか食事を摂れない時は、カロリーを気にするのではなく、消化吸収の速さを考えて食べた方が良いです。

脂質や脂肪分の多いものは消化に時間がかかり、脂肪として体に蓄積されやすく、生活習慣病や肌荒れの原因になるので気をつけたほうが良いです。

内臓機能を高めてくれるたんぱく質や代謝を促すビタミン、消化のいい水溶性食物繊維などを食事に取り入れると良いです。夜遅い食事のときは、豆腐や海藻類、温野菜などを使用したメニューを食べましょう。

美容と健康のために毎日でも食べたい食材はお米です。アミノ酸や油など美容に必要な成分が、身体により吸収されやすくなります。納豆は、カルシウム、鉄分、カリウム、各種ビタミンの他、タンパク質は100g中に16〜17%と多く、栄養素が驚くほど豊富で、他の大豆食品にはない成分「ナットウキナーゼ」が、血液の詰まりをなくしてくれ、肥満や老化、生活習慣病の防止に効果があります。

味噌は、大豆や麹、塩などを混ぜて発酵させて作られており、ビタミンやミネラルがたっぷり含まれています。調味料として生で使うと生きた乳酸菌を摂取できるので、便秘解消効果もあり、腸内環境を整え美肌にしてくれる食材の代表格です。

梅干しは、酸味の素であるクエン酸が、疲労の原因となる乳酸を燃焼させてくれるので、疲労回復に効果があるだけでなく、糖分の吸収を抑えて血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果もあります。ダイエットの強い味方であり、血液をサラサラにするはたらきもあり、美肌にも期待できます。ミネラルも豊富に含まれているため、美肌作りにも効果的で、梅干しにはフラボノイドも含まれており、老化や生活習慣病の原因になる活性酸素を抑える抗酸化作用があり、美容に大変効果があります。

Read more

お酒を飲むと気分がよくなりますが、反面、気持ち悪くなったり、体を害したりすることがあります。

血中のアルコールを肝臓が分解するとアセトアルデヒドという中間代謝物質ができます。

これがむかつきなどの不快な症状の原因物質だといわれ、二日酔いの原因になります。

また、肝臓がアルコールを分解するとき肝細胞が傷つくことがありますが、健康な肝臓には修復する能力があります。

11しかし、過度の飲酒などが続くと、細胞の修復がうまくいかず繊維質になり、肝臓の働きがわるくなり、肝硬変に進行することもあります。

したがって、お酒を飲むときもしっかり食べて栄養をとって、アルコールの分解を助けたり、肝細胞の修復に使われる成分をとる必要があります。

アルコールの分解には、まず水分をとる必要があります。

お酒を飲みながら、水も飲みましょう。

そしてビタミン・ミネラルなどの豊富な野菜をとります。

なかでも、昔から二日酔いに効果があるというトマトや、肝臓の解毒機能に関わるスルフォラファンを多く含むアブラナ科のブロッコリー、キャベツ、大根は、身近な野菜で手軽なのでおすすめです。

変わったところでは、これからの時期は柿、滋養強壮にも効くゴマなども効果があるようです。

一方、肝臓の修復に必要な栄養素は、主にタンパク質です。

肉類全般、豆腐や枝豆などの大豆製品、牛乳やチーズなどの乳製品、タコ、イカ、エビ、貝類、魚など海産物全般に含まれています。

お酒を飲むひとの中には、軽いつまみ程度しか食べないというひとの話も聞きますが、きちんと食べ物をいっしょにとったほうがいいし、特定の食品に偏らずバランスよく食べた方がいいようです。

Read more

個人的に美容のため、一番重視していることといえば紫外線対策です。

紫外線を浴びると肌が赤くなったり黒くなることは有名ですが、ただ単に肌色が変化するだけでなく、肌が乾燥して水分が不足してキメが粗くなったり、シミやシワやソバカスなど深刻な肌トラブルを招いてしまう原因にもなるので、紫外線ケアには気をつけておきたいものです。

夏以外の時期でもしっかり日焼け止めを塗るようにしたり、日焼け止めクリームの上からも、更にUVカット効果があるとされるファンデーションやフェイスパウダーを重ねたり、紫外線から肌をガードするように意識してます。

また、UVケアのため積極的に日傘や帽子を活用したり、庭で洗濯物干しする時なども、長袖のUVカット効果があるパーカーを羽織ったり、車の運転時にはUVカット効果がある手袋をしたりと、ボディの美白も意識してます。

4さらに、美容や紫外線ケアのためには体内へビタミンCを摂り入れておくことも大事です。

美肌づくりにはビタミンBやCなどの栄養素が大切なので、私は健康と美容のため、普段からマルチビタミン剤を飲むようにしてます。

野菜やフルーツ類でもビタミンは補えますが、メンタル面でのストレスによっても大量消費されたり、素材の加熱や時間経過によってはせっかくのビタミン含有量が低下したりするので、確実に摂取量を確保したいならサプリを使うと便利です。

将来シミやシワで後悔しないためにも、若い頃から美容のためには紫外線ケアだけは手を抜かないのがおすすめです。

Read more

14美容に興味を持ち始めるようになった高校生の頃から続けている習慣といえば、まつげ美容液です。

今でこそメジャーな存在なまつげ美容液ですが、昔は選べるメーカーもあまり選択肢がなかった気がします。

まつげ美容液を塗ると、明らかにまつ毛が抜けづらくなったり、コシが出る実感になるので手放せません。

ものぐさなので、たまにまつげ美容液を切らしてしまったり、面倒になって塗らない時期が時々あるのですが、そんな時はまつげが抜けやすくなる気がします。

極貧だった大学生の頃、節約のため、一時期まつげ美容液を使うのを完全にやめていた時期がありましたが、その頃はあまりまつ毛の状態も良くなかったです。

バイトをして美容代が出来、まつげ美容液を再び買って塗る様になった結果、明らかにまつ毛が丈夫になったり、長くなった実感があったので、まつげ美容液の効果は無駄ではないと思い知らされ、現在もずっと塗り続けています。

美容のことを意識すると、ふさふさのまつげや綺麗に長く育っているまつ毛は素晴らしい存在ですし、眼力アップにも抜群の効果があります。

女性はビューラーやマスカラやつけまつげなどで普段からかなりまつ毛に刺激を加えることが大半なので、お手入れとしてまつげ美容液を付ける習慣を持つとおすすめです。

また、最近はまつ毛のことを考えて、ウォータープルーフながらも、クレンジングが楽でお湯で落とせるタイプのマスカラばかり使ってます。

最近は必死にクレンジングしなくても、お湯だけで落とせるマスカラも増えてきてるので、まつ毛を大切にしたい私は好都合です。

Read more